-

ほんの少し油断するだけでもニキビができてしまうことはあります。極力ニキビを作らないようにするには、まずはニキビの元を知っておかないといけません。 ニキビができる原因となるのは、毛穴の皮脂と汚れと雑菌です。この要素が揃うと、あっという間にニキビができてしまうのです。中でも特に皮脂はニキビを発生させる重大な要因になっています。と言っても皮脂が存在すること自体が悪いわけではなく、過剰に分泌される皮脂が問題なのです。 皮脂が大量に分泌されてしまう直接的な原因は様々です。思春期であれば成長ホルモンの分泌の影響で皮脂の分泌が増えることが多いです。大人になってからは、食事内容の偏りや生活習慣の乱れによって皮脂分泌量が増えることもよくあります。 皮脂の分泌量を一定に保つことができればニキビの発生も抑制しやすくなりますが、ちょっとした影響で皮脂の量は増えてしまうので、実はとても難しいのです。できるだけ食事内容を整えたり、洗顔によって大量に分泌された皮脂を洗い流しておくことでニキビの原因を1つ遠ざけることが可能になります。