-

自動車の査定のポイントとして重要性の高い点として走行距離があります。

通常走行距離は、マイカーの寿命と考えられることもありますのでその車の走行距離が長ければ長いほど、査定にはマイナス要因になります。

通常は走行距離そのものは少ない方が愛車の売却額は上がりますが、実際は詳しい基準はなく、一定の目安で査定額が算出されます。

これについては実際に車を買い取り専門業者に見積りする時も重視される大きなポイントなのです。

例えば普通車ですと年間標準走行距離10000キロが基準として10000kmを超えて走っていると大抵マイナス査定の要因となります。

軽自動車の場合、年間走行距離が8000kmがまた年式が古い割に走っている距離がかなり短いとしても買取額が高くなるというわけでもありません。

実際やってみたら良く感じられると思いますが、中古車は定期的に乗ってあげることによっても車両の状態を維持できるものなので年式の割に走行距離が少ない車であれば破損が起きやすいと判断されることもあると思います。

こういったことは自動車も一緒です。

通常は年式と走行距離に関しての査定の留意点は乗っていた期間と比べて程よい走行距離であるかということです。

自動車の年式も、車の見積査定のポイントになります。

きっちりと把握してるといった人もたくさんいると考えていますが、年式に関しては新しければ新しいほど買取査定では高評価が出やすいのですが例外としてその年式の車に特別な価値がある車種は昔の年式でも高く査定額が出されるケースがあります。

、同一の種類で同様の年式の場合でもその年にマイナーチェンジ、モデルチェンジがなされている場合はもちろん、その仕様次第で買取額は違います。

中古車を査定するというような場合でも様々な要素で算出される金額は大きく相違があります。